ボランティアってそもそもなに?

海外ボランティアを含め、ボランティアというのはどのようなものなのでしょうか。
このボランティアというのは、社会問題の解決をするために自分ができることを、自分のできる範囲内で進んで行うことをいいます。

ボランティアは、基本的には放っておけない!という気持ちから始まるのです。
身近な人が困っているのをなんとか助けたい!
近所にゴミが散乱していて気になる!
そのように、きっかけとなるのはほんの些細なことなのですが、そのような問題に気づいて、自分にできることがないのかどうかを考えてみるようにしましょう。

そのような誰かのために何かをしたい、という気持ちがボランティアのスタートなんですよ。
身の回りの小さなことからボランティアをすることで、もっと大きなボランティ活動に取り組むことができるようにしましょう。

ボランティアで色々な人と出会える

ボランティアというのは色々な人と出会うことができます。
ボランティア活動の魅力の一つとしては、様々な活動を通して多くの人と出会うことができる、ということですよね。
仕事仲間や同級生、趣味の仲間とはまた異なる、価値観の違う人や個性を持っている人と出会うことができるのです。

そういった人達と出会うことによって、色々な価値観や個性を持っている人から刺激、そして元気をもらうことができるんですよ。
そこから少しずつ視野が広がっていき、これまでに知らなかった自分を発見することができるようになりますよ。

また、社会の役に立つこともできます。
ボランティアをしている人の多くは、自分がしたくてボランティアをしている、という方が多いです。
自分が好きでしていることが、結果的に社会のためにもなっているというのは素晴らしいですよね。

ボランティアは自分で見つけること

ボランティアのきっかけというのは誰かから与えてもらえるものではありません。
もちろん、強制されたり、押し付けられるなどして行うものでもないのです。
どれだけ小さなことでも良いんですよ。

自分にできることや自分がしたいことを、自分から探すというのがボランティア活動の始まりになります。
自分から積極的にボランティアできることを探してみるようにしましょう。
小さなことから大掛かりなことまで、ボランティアというのは様々なことがあります。

自分が自ら進んで行ったことによって誰かが喜んでくれるというのは非常に魅力的ですよね。
誰かのために何かをするのがボランティアであり、自分や家族のために行うことをボランティアというのではありません。
自分と全く関係のない他人のためになにかを進んで行うのがボランティアですので、海外でも国内でもボランティアに参加してみてはどうでしょうか。